Top > スポンサー広告 > フジ主演の檀れい 脱フジの天海祐希に同じ刑事モノで敗北 主演ドラマの視聴率が下げ止まらず10%割れ 宝塚対決はテレ朝の天海祐希? TV マスコミ > フジ主演の檀れい 脱フジの天海祐希に同じ刑事モノで敗北 主演ドラマの視聴率が下げ止まらず10%割れ 宝塚対決はテレ朝の天海祐希?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



フジ主演の檀れい 脱フジの天海祐希に同じ刑事モノで敗北 主演ドラマの視聴率が下げ止まらず10%割れ 宝塚対決はテレ朝の天海祐希?

201401291948535b7.jpg

 サントリー「金麦」のCMなどでおなじみの女優・檀れい主演刑事ドラマ『福家警部補の挨拶』(フジテレビ系/火曜夜9時~)が、ピンチに立たされている。
 同作は、まず犯人の視点で犯行が描かれ、その後、犯行経緯が暴かれていく一話完結の“倒叙モノ”。檀が演じる福家警部補は、ほぼ表情を変えず飄々としながらも、「あともう一つだけ聞きたいことが……」としつこく相手に詰め寄る“変わり者刑事”という役柄。ほかに、SMAP・稲垣吾郎や柄本時生などがレギュラー出演し、毎回異なるゲスト俳優が犯人を演じる。なお、初回は反町隆史、第2話は富田靖子が犯人役であった。
 初回こそ平均視聴率14.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と好調だったが、第2話では11.5%まで急落。視聴者から、「壇れいが美しい」「稲垣吾郎がカッコいい」といった声も上がる一方で、「主役がミスキャスト」「役が檀さんに合っていない」「主人公に魅力を感じない」という声が目立つ。
「同作の敗因は、“倒叙モノ”に挑戦したことで、檀さんのハードルを上げてしまったことでしょう。一般的な刑事モノは、主人公と視聴者が一緒に事件解決へ向かうことで、緊張感や驚きを共有することができる。しかし“倒叙モノ”は、登場人物よりも先に視聴者が真実を知るため、視聴者優位の状態からスタート。多くのシーンにおいて、視聴者が主人公を“観察する”ため、主人公がよほど魅力的でない限り退屈してしまう。“倒叙モノ”で有名な米ドラマ『刑事コロンボ』主演のピーター・フォークも、『古畑任三郎』(同)の田村正和も、圧倒的な存在感を放つ名優。民放連ドラ初主演の檀さんには、荷が重かったかもしれない」(テレビ誌ライター)
 ドラマに限らず、推理小説においても「主人公のキャラを許容できない限り、最後まで読むのは苦痛」といわれる“倒叙モノ”。刑事ドラマが量産されている日本ドラマ史においても、“倒叙モノ”となれば作品数が極端に減少。それだけ難しいジャンルなのだろう。
 しかし、視聴者の意見はシビア。檀が今後、低視聴率女優のレッテルを貼られなければいいが。

檀れい主演『福家警部補の挨拶』視聴率11.5%急落! 倒叙モノは“田村正和レベル”でないとムリ!? (日刊サイゾー)












時間帯が違うとはいえ、元宝塚の先輩のドラマが好調で
自分のドラマが下がり続けててるとツライでしょうね

昨日の放送が9.3%と、とうとう10%割り込みました

初回14.2% 第二話11.5% 第三話9.3%

かたや天海祐希主演のテレ朝ドラマは
初回12.5% 第2話13.4% 第3話16.1%

同じ刑事ものでダブルスコアが目前です
初回12.5%が低めに感じますが
裏の医龍初回2時間を抑えてトップでしたし
やはりフジの不調で天海祐希のドラマも
数字が取れなかった感じでしょうか?

記事にもありますが古畑を意識しすぎてるのも
つまらなくしてる原因じゃないでしょか?

TBSで低視聴率とって悪いイメージがつく俳優さんが
最近は多いですが、このままいったら
フジで主演ドラマしたばっかりに…って言われる日も来そうですね



関連記事


コメントの投稿

Secret

プロフィール

yajiumanome

Author:yajiumanome
芸能人 有名人 TVマスコミなど
ごった煮のブログです
暇つぶし程度にどうぞ


@yajiumanome



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク先最新記事
リンク
DVDランキング
検索フォーム
 スポンサードリンク
ブログ内 おすすめ記事
参加ブログランキング
  

  にほんブログ村 芸能ブログへ

  

  

  ブログランキング
  
ランキングはこちらをクリック!

リンク先 おすすめ記事
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。