Top > スポンサー広告 > AKB48 大島優子より先に卒業予定だった小嶋陽菜 まだ頑張ろうかな〜 アイドル・グラビア > AKB48 大島優子より先に卒業予定だった小嶋陽菜 まだ頑張ろうかな〜

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



AKB48 大島優子より先に卒業予定だった小嶋陽菜 まだ頑張ろうかな〜

20140121041749ba0.jpg

国民的アイドルグループ「AKB48」の大島優子(25)が、昨年のNHK紅白歌合戦でAKB卒業を電撃発表。これは世間の驚きを誘ったが、実は多くの関係者の間で「次の卒業」が有力視されていたのは、「こじはる」こと小嶋陽菜(25)だった。小嶋よりも先に大島が先に卒業を発表するのにはワケがあった――。
(中略)
「去年7月に親友で遊び友達の篠田が卒業した後、小嶋が“孤立”し、気持ちが卒業に傾いていたのは間違いない。仲が良い高橋みなみは総監督という立場で忙しく、峯岸みなみが研究生(現在はチーム4キャプテン)になったことも大きかった。控室で話すのは仲がいいメークさんぐらい。メンバーと会話せず、ケータイをいじる姿が当たり前だった。スタッフの間でも『元気ないね』『次(の卒業)はこじはるかも…』という声が出ていたのは事実」(ある芸能プロ関係者)

 そんな流れから当然、卒業を言い出すのは小嶋のはずだが、先に発表したのは大島だった。この“逆転劇”の舞台裏を、別の芸能プロスタッフが明かす。

「当初は小嶋の卒業プランが進んでいたんです。ただ、同じころに大島も卒業を強く意識するようになった。そこで秋元(康)さんやスタッフは、2人に卒業への意向を聞いたようです。女優への思いを抱く大島に対し、小嶋は卒業後の明確なビジョンがなかったようで(苦笑)。小嶋は秋元さんから『目標を明確に!』と卒業への“宿題”を与えられ、大島の卒業が優先されたんですよ」

 先を越された小嶋が不満を持ってもおかしくないが、そこは平和主義・こじはるだ。昨年10月に発売された33枚目シングル「ハート・エレキ」で、8年目にして初のセンターになると、握手会などでは大勢のファンから祝福された。さらに選抜メンバーに高橋や峯岸らがいたことで、「まだ頑張ろうかな~」とグループ活動へ、気持ちが前向きになったという。

大島優子より先に卒業予定だった小嶋陽菜 大逆転の笑劇理由(東スポweb)







以前にも新メンバーとの輪に入れず、ぼっち気味になってると話題になってましね

不仲というよりTVで見ていた小嶋陽菜さんっていう近寄りづらさと
AKB以外も個人の仕事も忙しく馴染む時間もないんでしょう

昔も大所帯でしたでしょうが今は比べものにならない程の
大所帯になってますものね

卒業先延ばしにしたのが本当だとしても
年内にはそのタイミングがくるでしょうし
少なくても総選挙絡みで立候補するかどうかで
5月下旬頃には何か発表があるかも知れませんね


関連記事


コメントの投稿

Secret

プロフィール

yajiumanome

Author:yajiumanome
芸能人 有名人 TVマスコミなど
ごった煮のブログです
暇つぶし程度にどうぞ


@yajiumanome



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク先最新記事
リンク
DVDランキング
検索フォーム
 スポンサードリンク
ブログ内 おすすめ記事
参加ブログランキング
  

  にほんブログ村 芸能ブログへ

  

  

  ブログランキング
  
ランキングはこちらをクリック!

リンク先 おすすめ記事
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。